ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

お風呂でもできるヨガの方法

お風呂でもできるヨガの方法

一般的なヨガよりもさらなる効果を期待できると言われている「ホットヨガ」が、近年流行しています。

ホットヨガは高温多湿の環境のもとで行うこと求められています。

そんなホットヨガを行うのに適した場所として、お風呂でヨガを行うことが話題となっています。

ヨガをお風呂で行う時、どのように行うと良いのでしょうか?

ホットヨガとは?

ホトとヨガは、室温35度で湿度60%前後の高温多湿の環境のもとで行うヨガのことです。体温上昇を早めることができるので、通常のヨガよりも体を柔らかく動かすことができるというメリットがあります。

そのため、初心者の方でもポーズを取りやすく話題となっています。湿度が高い環境のもとヨガを行うので大量の汗をかき、身体が水分を求めるので、たくさんの水を飲みます。

大量の汗をかき、水を飲むというサイクルを繰り返すこともホットヨガの特徴となっています。ホットヨガにはさまざな効果を期待できますが、その中でもデトックス効果を一番期待できます

バスタイムにできるホットヨガ

近年、室温35度で湿度60%の高温多湿の環境が、お風呂に似ていると言われ、バスタイムにお風呂でヨガを行う方が増えています。

自宅で簡単にできるお風呂ヨガで、ポーズをとるだけで理想的なボディを手にすることが期待できます。わざわざ高温多湿の環境を作る必要もなく、忙しくしている現代人にとってバスタイムでヨガをするのは理想的なエクササイズと言えるでしょう。

基礎代謝をアップさせ、デトックス効果も期待できます。では、どのようにお風呂場でヨガを行えるでしょうか?

お風呂で行うヨガのポーズ

ウエストや背中、脚などのシェイプアップ効果を期待できるポーズとして、「前屈のポーズ」があります。

まずバスタブの縁にかかとをのせます。背筋をしっかり伸ばして、胸を脚に近づけて前屈をします。そして、深く呼吸をします。これを何度か繰り替えすだけでも効果を期待できます。

下半身のデトックスヨガダイエットポーズは、便秘にも効果があります。まずバスタブの中で片足を曲げて足の裏を両手でつかみ、息を吸います。

そして、息を吐きながら両手で足の裏をつかみ足を畝に持ち上げ、ひざとももを10秒間伸ばします。これを左右セットで何回か行います。

まとめ

自宅で簡単にできるお風呂ヨガをさっそく今日からはじめてみませんか?

普通のヨガよりも、高温多湿の環境のもとで行うお風呂ヨガは、効果をさらに期待できます


  • TOP