ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

ヨガで求められる呼吸のポイント

ヨガで求められる呼吸のポイント

ヨガで一番重要なことは「呼吸法」と言われています。

ヨガには複数の呼吸法があり、目的に合わせて呼吸を意識することで、ヨガの効果を実感することができます。

つまり、深い呼吸をすることで、本来持ち合わせているエネルギーに満ちた状態にすることができます。

では、ヨガで求められている呼吸のポイントをみてみましょう。

「複式呼吸法」と「逆複式呼吸法」

複式呼吸法は、おへそに集中して鼻から息を吸い込み、お腹に空気を膨らませ、鼻からはいたときにお腹をへこませる呼吸法です。3秒で吸い、6秒ではくペースで行います。普段している呼吸を深く行うイメージで行うことができるでしょう。

腹式呼吸をすることで、心をリラックスさせることができます。また、ストレス解消や冷え性の改善、生理不順や便秘の改善など女性の悩みを解決することができます。

逆複式呼吸法は、息を吸って胸をふくらませ、息を吐いて胸をしぼませる呼吸法です。吸うときにお腹を絞ることで、胸や肺の筋肉を鍛えることができ、内臓やインナーマッスル効果を期待できます。

「胸式呼吸法」

胸式呼吸は、意識を骨盤に集中させお腹をへこませ、そのまま鼻から息を吸い、お腹をへこませたまま口から息を吐く呼吸法です。

胸式呼吸をすると、姿勢を正すことができ、身体をスッキリさせることができます。ラジオ体操の深呼吸のイメージで行うことができるでしょう。

「片鼻呼吸法」

肩鼻呼吸は、体のバランスを整えることを目的とした呼吸法です。まず親指で右鼻をおさえて、左鼻の穴から息を吸います。そして、薬指で左の鼻をおさえるのと同時に親指を離します。

その後、右鼻から息をはきます。つづいて右鼻から息を吸い、左の鼻から息を吐きます。この呼吸法を何度か繰り返すことで体のバランスを整えることができます。

この呼吸法は「ハタ呼吸」とも言われています。ハは太陽、タは月を表しており、ハタで力という意味になります。つまり、左右の鼻で呼吸することで、陰と陽の体内のバランスを整えることができます。

まとめ

ヨガで求められている呼吸法とそのポイントをいくつかご紹介しましたがいかがでしたか?この他にもヨガで求められている呼吸法はあります。

ヨガで一番重要な要素は「呼吸法」ですので、効果を実感するため、是非呼吸法をマスターしましょう。呼吸法を本格的に学びたい方は、諒設計アーキテクトラーニングのヨガ講座がおすすめです。まずは資料請求をしてみましょう。

ヨガ資格W取得講座


  • TOP