ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

ヨガが冷え性改善になるのはなぜ?

ヨガが冷え性改善になるのはなぜ?

ヨガは体全体を動かすので、普段使用していない筋肉も動かすことができます。

それにより骨や関節を正しい位置へと戻すことができ、血流の動きや内臓の動きを活性化し、それは冷え性の改善にもつながります。

ヨガで冷え性が改善される理由について詳しくみてみましょう。

ヨガが冷え性に与える働きとは?

ヨガは普段使用している筋肉はもちろんのこと、あまり使用していない筋肉も伸ばしたり縮めたりするポーズがたくさんあります。

また、関節を緩めるポーズや動きも多くあるので、健康な体へと作り上げることができます。それは筋肉の動きを活発にすることで動きやすい身体となり、本来の正しい姿勢の身体を手にすることになります。

冷え性は体の内部の働きが弱いため生じる症状です。ですから、内臓や関節が正しい位置に戻ることで冷え性を改善させることができます。

ヨガでリンパと血流をアップ!

リンパの流れと血流は、骨格が歪んでいると歪んでいる骨に邪魔され流れが停滞してしまい冷え性引き起こします。

女性は男性よりも筋肉が弱く、付きにくいため、女性に冷え性が多い傾向があります。しかし、ヨガのポーズは、関節を緩めることができるので、骨格を本来の位置に戻すことができ、リンパの流れと血流を促進させることになります。

また、栄養も十分に摂ることができるようになるので、代謝もアップさせることができます。ポーズひとつひとつには意識すべき筋肉や効果のある部位が決まっているので、弱っている筋肉を集中的に鍛え、強めることも可能です。

ヨガで自立神経の改善効果

冷え性を引き起こす原因となるリンパの流れと血流は、自律神経も関係してきます。自律神経は緊張状態になると、血管が縮小してしまいます。

それにより血流の流れが悪くなり、冷え性が起こります。しかし、ヨガの呼吸法は、緊張状態を緩和させる効果があるので、血流の流れを促す作用を期待できます。

また、むくみの水分も冷え性が起こりやすくなりますが、ヨガはむくみの水分や老廃物の排出を促す効果もあるので、むくみを解消することができます。

まとめ

ヨガで冷え性を改善することができるのは、体の内側から調子を整えることができるからです。ヨガを継続して続けることで、弱っていた筋肉を強めたり、歪んでいた骨格を元の位置に戻すことができます。

冷え性に悩んでいる方は、ヨガをはじめてみるのはいかがでしょうか?


  • TOP