ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

ヨガ資格を生かせるのはどんな場所?

ヨガ資格を生かせるのはどんな場所?

ヨガを趣味としている方も、資格を取得すれば仕事に活かすことができます。

ヨガで活かせる仕事と聞くと、ヨガインストラクターを思い浮かべる方もいることでしょう。

しかし、ヨガインストラクター以外にも資格を活かせる場所はあります

詳しくみてみましょう。

ヨガ資格を仕事で活かせる場所とは?

ヨガを本格的に学び、資格を取得すれば資格を活かして仕事をすることができます。たとえば、スポーツジムやヨガスタジアムなどでヨガインストラクターとして活躍することができます。

また、カルチャースクールなどでヨガの魅力を教えることもできます。さらに、ヨガを学ぶことで心身のバランスを整えることができ、内面からの癒しを実感できるようになれば、ヨガを通してセラピストとして活動することもできます。

そのほかにも動画を利用してヨガを説明したり、ヨガに関する執筆もすることができます。それにはヨガの知識を学び、資格を取得する必要があります。

「ヨガライフセラピスト」資格

ヨガの資格にはさまざまな種類がありますが、ヨガを通してセラピストとして活躍したいなら、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している「ヨガライフセラピスト」資格はおすすめのヨガ資格です。

この資格は、ヨガを通して心身の調子を整えることができることを証明する資格です。ヨガの基本的な知識はもちろん、瞑想やチャクラの知識、哲学の観点からのヨガなどの知識が求められています。

「ヨガインストラクターjp」資格

ヨガインストラクター、つまり、講師として活躍したい方は、日本インストラクター協会主催の「ヨガインストラクターjp」資格の取得を目指すと良いでしょう。

この資格はヨガに特化した資格で、インストラクターとして資格を活かすことができます。ヨガの語源や歴史、ヨガの効果、ヨガの食事法、さまざまな流派、ヨガグッズ、朝・昼・夜に適したヨガポーズ、さまざまなヨガポーズなどヨガの専門的な深い知識が求められています。

この2つのヨガ資格は、諒設計アーキテクトラーニングの「ヨガライフセラピストW資格取得講座」を受講し、試験に合格することで資格を取得できます。

まとめ

ヨガの資格を取得すれば、さまざまな分野で資格を活かし活躍することができます。諒設計アーキテクトラーニングの講座を受講すれば、最短2ヶ月で資格取得が可能です。

今すぐ資格取得を目指してみるのはいかがでしょうか?

ヨガ資格W取得講座


  • TOP