ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

家庭でもできるヨガと実践方法

家庭でもできるヨガと実践方法

ヨガを習いたい!と思っていても毎日忙しくレッスンに出かける時間がなかったり、初めてだからレッスン教室で習うのは恥ずかしい・・という方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は、まず自宅でヨガを実践してみてはいかがでしょうか?

家庭でもできるヨガと、その実践方法についてみてみましょう。

家庭でできるヨガのメリット!

ヨガはどんな人でもできるエクササイズのひとつです。さまざまなポーズをとりながら、身体を正しい位置に戻すことができるので、健康や美容、ダイエット効果を期待することができます。

また、ヨガの特徴である呼吸法をマスターすることで、自立神経を整えることができ、ホルモンバランスも整えることができます。そんな魅力的なヨガは、場所を選びません。

したがって、リビングでも、布団の上でも自宅で手軽に行うことができます。また、家事の合間や、寝る前など空いている時間に気軽に行えるのが家庭で行うヨガのメリットと言えるでしょう。

家庭でできるヨガのポーズ:初級編

まず家庭でできるヨガの基本のポーズとして「安楽座(スカーサナ)」があります。まずあぐらをかいて座り、坐骨の真上に体を置きます。

その後、膝の上に手の平を上向きにして置き、親指と人差し指をくっつけます。そして目を閉じ、呼吸に意識を集中しながら瞑想します。このポーズをとることでストレスを解消やリラックス効果を期待できます。

続いて「ピラミッドのポーズ(プラサーリタパドッターナアーサナ)」は、まず肩幅よりも足を広めに開き立ちます。その後、おへその下あたりに意識を集中させ、腰から体を下げていきます。このポーズは、脚のむくみや肩こりに効果があります。、

家庭でできるヨガのポーズ:中級編

初級編をマスターすることができたら、「肩立ちのポーズ(サルバンガアーサナ)」を実践してみましょう。まず仰向けになります。

そして、両膝を立てて頭のほうへもっていき、腰に手を当てます。その後、両足を上へと少しづつのばしていきます。このポーズは全身の疲れを緩和したり、内臓の不調を改善することができます。

また、リラックス効果もあるので、夜寝る前に行うことでぐっすり眠ることができます。

まとめ

ヨガは家庭でも気軽に取り入れることができるおススメのエクササイズです。

身体ひとつで行うことができ、さまざまな効果が期待できます。是非、ヨガを自宅で実践していきましょう。


  • TOP