ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

ヨガの種類とそれぞれの違い

ヨガの種類とそれぞれの違い

ヨガの起源は今から4000年から5000年前のインドにさかのぼります。

そこを発祥地とし、海外へ渡り、さまざまな流派が発生しました。

インドのヨガがベースとなっていますが、現代ではさまざまなヨガの種類があります。

では、ヨガの種類とその違いについて詳しくみてみましょう。

ヨガの種類:その1

ヨガにはたくさんの流派が存在しています。また、ヨガの種類によって考え方や目的などが異なってきます。ですから、いろいろと試してみて自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

一般的に知られているヨガをいくつかご紹介しましょう。まず「パワーヨガ」は、アメリカ人によってアレンジされたヨガで、筋力トレーニングと意思を強める瞑想が特徴的なヨガです。

ハタヨガ」は、瞑想と呼吸、ポーズを中心としたヨガで、ゆっくりとした動きと無理のないポーズが特徴となっています。

日本のヨガスタジアムで最も多くとりいれられているヨガです。

ヨガの種類:その2

アイアンヨガ」は、伝統的なヨガに解剖学や心理学などを組み込んだヨガで、ゆっくりとした動きで集中力を高めていきます。

それにより、スタミナを養うことができるため、高齢者や障がい者でも行うことができます。また、ベルトやヨガブロックなどの器具も使用します。

ホットヨガ」は、普通のヨガを高温多湿の環境のもとで行います。効果が高い分、呼吸や体への負担も大きくかかります。

最後にご紹介する「マタニティヨガ」は、名前の通り妊娠中の女性が行うヨガです。妊娠に伴う身体面と精神面をサポートすることができるヨガで、胎児にも良い影響を与えることができます。

目的に合ったヨガを選ぶことは大切!

ヨガの種類は豊富で、それぞれやり方が異なっているため、効果も異なります。

したがって、ヨガを選ぶ際には一度そのヨガを実際に体験し、動きの早さや厳しさなど動作の難易度を比較し、自分が続けることができそうなものを選ぶようにしましょう。

しかし、肉体と精神の成長を目指し、改善させるというスピリチュアルな根底的な要素は同じなので、安心して選ぶことができるでしょう。

まとめ

ヨガにはさまざまな種類があります。ですから、ヨガを選ぶ際には一度そのヨガを実際に体験し、比較することをおすすめします。

特に体にトラブルがある方などはできないポーズなどもあるので、さまざまな種類のヨガを体験することは大切です。


  • TOP