ヨガ資格 1から始めるヨガを学べる資格情報サイト

美容と健康に良いことから、ハリウッドセレブなどの間で積極的に取り入れられているヨガは、広く世界中で広まっています。その効果をしっかり実感するために、本格的にヨガを学んでみてはいかがでしょうか?

MENU

マタニティヨガのメリットと安全な方法

マタニティヨガのメリットと安全な方法

最近人気のマタニティヨガは、ママだけでなくお腹にいる赤ちゃんにも優しい動きが含まれているため、妊娠中の身体にさまざまなメリットを受けることができます。

どんなメリットがあるのでしょうか?

また、安全に行うためには、どのように行ったら良いのでしょうか?

詳しくみてみましょう。

マタニティヨガとは?

マタニティヨガとは、妊娠中の女性のためのヨガです。妊娠中は、身体的にも精神的にも不安定になりがちな時期です。

お産への不安や気持ちが落ち着きがなくなったりなど不快な症状に悩まされるものですが、マタニティヨガをすることで心と身体の安定を保つことができます。

また、ヨガで学ぶ呼吸法はお産の時に役立つことができますし、メンタル面も役立つことができます。ヨガ初心者の方でもにできるポーズが多くあるので、大きなお腹でも行うことができます。

マタニティヨガのメリットとは?

マタニティヨガをすると血流やリンパの流れがよくなるので、妊娠中に長じる腰痛やむくみ、肩こりなどの不調を改善することができます。また、腸が活発になるので、妊娠中になりやすい便秘の解消にもつながります。

身体の不調から解放されるだけでなく、自立神経のバランスも整えることができるので、精神面でもリラックス効果やストレス解消などの効果も得ることができます。

妊娠中のママにストレスがなくなることで、お腹の赤ちゃんも穏やかにお腹で過ごすことができます。さらに、骨盤が開きやすくなるので、安産になりやすいメリットや、呼吸法を学ぶことでお産の痛みを和らげることもできます。

マタニティヨガの安全な方法とは?

マタニティヨガを安全に行うため、身体が冷えないように、袖の長い服装で動きやすいものを身に付けるようにしましょう。

そして、お腹を圧迫するような洋服を着用するのは控えましょう。また、お腹が大きくなってきたら、ハーフトップなどを着ると安全にヨガをしやすいのでおすすめです。

まとめ

マタニティヨガは、ママだけでなくお腹の赤ちゃんもメリットを受けることができます。身体的な効果はもちろん、精神面でも、また、お産の時にもマタニティヨガの効果を得ることができます。

マタニティヨガは、諒設計アーキテクトラーニングの「ヨガライフセラピストW資格取得講座」とSARAスクールジャパンの「ヨガ講座」で学ぶことができます。まずは資料請求からしてみませんか?

ヨガ資格取得基本・プラチナコース


  • TOP